目次

    -よそ者の役割

    -2012年度総括
    地域団体への支援
    テーマ型市民活動への支援
    組織運営体制

    -地域団体への支援
    モデル事業実施校区支援
    まちづくり協議会未結成地区
     支援、その他の地区支援

    自治会・町内会ガイドブック
     作成支援

    明石まちづくり講座、まちづくり
     助成金

    -テーマ型市民活動への支援
    基盤整備
    自主企画

    -組織運営体制
    会議、体制
    研修、調査・研究

    pdfファイル

    表紙、目次、よそ者の役割
    2012年度総括
    地域団体への支援
    テーマ型市民活動への支援
    組織運営体制
    裏表紙

 

 

 中崎小学校区
   市内28小学校区のうち、校区単位のまちづくり組織がない中崎小学校区では、暫定で事務局的
  な役割を担うことで、将来的に「協働のまちづくり推進組織」の結成につながるよう支援しています。
  住民誰もが参加できる「中崎小学校区これからのまちづくりを考える意見交換会」を開催するなど、
  住民同士が対話する場を設けています。

 まちづくり意見交換会  
    多様な世代や立場の人が参加し、ざっくば
  らんにまちづくりについて話し合う場を企画、
  提案しました。個別に地域をまわり、地域の実
  情やさまざまな思いをヒアリングしながら意見
  交換会への参加を呼びかけました。参加者の
  「こんな場にしたい」という思いが、会を重ねる
  ごとに実現されつつあります。
  その結果、いろんな世代の人たちの参加が
  増え、誰もがまちづくりについて意見が交わせ
  る場になっています。
 

  <第1回意見交換会>
  2012年7月7日
  相生会館
  人数:35名
  <第2回意見交換会>
  2012年9月1日
  大蔵会館
  人数:35名
  <第3回意見交換会>
  2012年11月10日
  中崎公会堂
  人数:23名
  <第4回意見交換会>
  2013年2月13日
  勤労福祉会館
  人数:30名



 議事録の工夫
   住民みんなで進めていくまちづくりのために、意見交換会(会議の場)に参加していない人にも情報
  を伝えていくことが重要です。一人でも多くの人に関心を持ってもらえるよう議事要旨とともに当日の
  写真を入れて、雰囲気を伝える「ニュースレター」を作成、配布しました。
 ※地域で簡単に作成できる広報フォームとマニュ
  アルを作成しています。広報フォームを提供する
  ことを通じて、地域活動を支援する体制を整えま
  した。
  提供実績:錦が丘小学校区、魚住小学校区

 

   2012年度は、明石市や地域からの依頼により、会議や意見交換会などに第3者として出席し、まちづ
  くりに関する専門的なアドバイスや、会議進行のサポートを行いました。

 主な出席場所
  錦が丘:地域住民懇談会
  二 見:役員会、二見小学校区まちづくり推進検討会議 など

 明石コミュニティ創造協会の役割
   会議で話し合いを活発にさせたいと思っても、各組織の会長が集まると、発言することは難しいもので
  す。しかし、まちづくりなど大きな物事を考える際には意見を交しながら進めていくことが大切です。 そ
  ういった話し合いの場面に応じての依頼を受けて、随時支援を行っています。