目次

    -よそ者の役割

    -2012年度総括
    地域団体への支援
    テーマ型市民活動への支援
    組織運営体制

    -地域団体への支援
    モデル事業実施校区支援
    まちづくり協議会未結成地区
     支援、その他の地区支援

    自治会・町内会ガイドブック
     作成支援

    明石まちづくり講座、まちづくり
     助成金

    -テーマ型市民活動への支援
    基盤整備
    自主企画

    -組織運営体制
    会議、体制
    研修、調査・研究

    pdfファイル

    表紙、目次、よそ者の役割
    2012年度総括
    地域団体への支援
    テーマ型市民活動への支援
    組織運営体制
    裏表紙

 

 

   2009年度に発行された「自治会・町内会ハンドブックQ&A」の改訂にあたり、現役の自治
  会長等に委員として関わっていただき、現場の意見や工夫が反映されるよう会議の進行を
  行いました。委員の意見を反映した原稿案を市と共同で作成し、それをもとに企画会議で
  活発に討論した結果、新しく自治会に関わる方にもわかりやすい「自治会・町内会ガイドブ
  ック」(800部発行)が完成しました。    ※名称は企画会議の議論でガイドブックに変更。

 作成体制とプロセス  
   自治会長等、委員の思いを形にするために、「
  企画会議」と「編集会議」の2つの体制で取り組み
  ました。

   「企画会議」では、 8名の委員の皆さんと明石
  市市民協働推進室、明石コミュニティ創造協会で  企画・検討を行いました。
   多くの意見やアイディアが出し合えるよう、ワー
  クショップの進行に務め、委員のみなさんの声を
  反映した原稿を作成し、話し合いを行いました。

   「編集会議」では、委員の意見が反映されてい
  るかどうか、内容が適しているかどうかを検討し、
  原案を作成しました。委員全員がアイディアを出
  し合う場づくりや、作成の途中でFAXや郵送によ
  る報告や打ち合わせをしながら進めるプロセス
  により、委員の皆さんにとって「自分たちのガイド
  ブック」といえる内容になりました。
 

 完成した平成24年度自治会・町内会ガイドブック
  - 委員の思い -
  ・読みやすい内容にしたい
  ・新しい会長に読んで欲しい         
  ・何か活動のヒントを得たい
  - そこで… -
  ・イラストを活用して見やすくデザイン!
  ・P55からP64にボリュームアップ!
  ・「知恵袋」で活動のヒントを紹介!